正常な状態であれば3つの弁尖

◎大動脈弁狭窄とは?

心臓にいる大動脈弁が狭くなってしまってあることによって、左側心室から大動脈への血行にバリアが発生してしまう結果、左側心室にはなはだ大きな負担がかかります。

大きな負担がかかって仕舞うことによって左側心室の心筋は分厚くなり
重症の場合には、左側心房圧も上がってしまうため肺うっ血を引き起こしてしまったり、左側心室の緊縮講じる力量が低下することにも向かうケー。

大動脈弁というのは、正常な状態であれば3つの弁尖というもので構成されているのですが
先天性の乱調によって一部しかなかったり、二つしかなかったり
敢然と3つあるけれど(弁と弁のタイミングがくっついてしまっていることもあります。

そのようなことが原因となり大動脈弁狭窄が引き起こされてしまうのです。

◎大動脈弁狭窄の姿とは?

大動脈弁狭窄は、軽微です場合は姿がよっぽどと言っても過言ではないほどにありません。

体来院のタイミングや流感をひいて病院を訪れたときにプルスの見立てをしたことによって
プルスに雑音が混じっていると来院されたことにより、大動脈弁狭窄なのではないかと疑われます。

年齢を重ねるについれて自覚症状を実感する場合もあります。

オヤジ以降になると心不全の姿が見えることが多くあります。

新生児の場合は、母乳をきちんと飲んでくれない・息づかいが荒い・汗を山盛りかくなどの姿が言えることがあります。

子供の場合は、ウェイトが何やら目立ちず、側と比べると痩せているなという姿が言えることがあります。

幼子の場合は、カラダが疲れやすい・息切れしてしまう・動悸がするなどの姿が言えることがあります。

成人の場合には、胸痛・気絶・不整脈などの姿が言えることがあり、行為やすごい成長によってさっさと死してしまう可能性があります。

◎大動脈弁狭窄の見立てしかた

大動脈弁狭窄を疑われた場合には、敢然と見立てを受けるようにください。

胸部X線や心電図や心臓超音波見立てなどを行なうことによって、大動脈弁狭窄オペレーションですかどうにかが来院されます。

仮にオペレーションによる手当てが必要だと来院された場合には、心臓カテーテル見立てが受けることがほとんどです。

◎大動脈弁狭窄の治療方法

軽症の場合はオペレーションを始めるニードがなかったり、次第ウォッチングを行なうことが全然なのですが
基本的にはオペレーションによる手当てが得るでしょう。

もし、新生児が重病な大動脈弁狭窄です場合には、オペレーションでの手当てが大いに憂慮となる。

オペレーションでの手当てが困難であると判断された場合には、カテーテルでの手当てが得るでしょう。

しかし、新生児の場合はカテーテルでの手当ても大きな負担となってしまうため、大動脈弁閉鎖不全を引き起こしてしまうケー。
ケノン